2006年度梗概

修士

全球海面水温データの比較検討
岩崎 慎介
最も有名な全球海面水温データとしてNOAAによって提供されているReynolds OI SSTがある。このデータセットは熱赤外放射計と現場観測データを用いて作成されており多くの研究(乱流熱フラックスの計算、数値予報モデルの境界条件)に用いられている。熱赤外放射計は高分解能で観測出来るが雲域での観測が出来ない。一方、マイクロ波による海面水温観測は低分解能であるが雲域での観測が可能である。近年では熱赤外放射計だけではなくマイクロ波放射計によるデータを用いた全球客観解析データセットが公開されている。本研究では現在公開されている5種類の全球海面水温データセットの違いや特徴を明確にするために、これらのデータセットの比較検討と精度検討を行った。また、その海面水温データの違いがどの程度潜熱フラックスに影響するのかを調べた。その結果、Reynolds OI SSTは時空間分解能が低いため、海面水温の勾配が強い海域では他のデータとくらべて1℃以上の平均差、二乗平均差がある事が分かった。この差は潜熱フラックスに換算すると30~40W/m2にもなる。またMGDは他のデータと比べて非常に精度が良い事が分かった。



西部熱帯太平洋におけるバリアレイヤーと淡水フラックスの関係
武井 誠司
熱帯域は地球上の降水の約7割が存在している事から、全球での水や熱の輸送を考える上で重要な地域である。西部熱帯太平洋域は暖水プールと呼ばれる大量の高温の海水が存在し、年間降水量も非常に多い事が知られている。また、この海域はバリアレイヤーが存在する海域という事でも有名である。本研究では、アルゴフロートによって観測された水温・塩分データを用いて、熱帯太平洋におけるバリアレイヤーの変動特性について調べた。西部熱帯太平洋でのバリアレイヤーの発生メカニズムとして混合層が薄くなる事でバリアレイヤーが厚くなると言われていたが、バリアレイヤーの厚い海域での混合層厚の分布から、混合層が平均値より厚くなっている場合も確認できた。混合層が薄くなりバリアレイヤーが厚くなる場合についても、従来、言われていた2つのメカニズム、すなわち、(1)大量の降雨による表層での塩分低下にともなって混合層が浅くなること、(2)中央太平洋からの高塩分水の潜り込みによって混合層が浅くなること、が独立に存在すると言うよりも、両者が一体となって、バリアーレイヤーの形成に寄与していることが、本研究の結果から示唆された。



KEOブイデータの解析と再解析データとの比較
岩部 然育
黒潮続流域は黒潮から運ばれてくる暖水と北西の季節風の効果によって冬季に海洋から大気へ大量に熱が輸送される重要な海域として知られている。このような海域での大気-海洋間の実測モニタリングは強い海流と冬季の強い季節風の影響で非常に難しいとされていたが、2004年6月にNOAA/PMELがKEOブイを設置し連続的に海上気象パラメータを観測するようになった。そこで本研究では、KEOブイデータの解析及び2種類の再解析データ(NRA1,2)との比較検討を行った。比較の結果、短波放射は、夏季にNRA1が過大評価、冬季に過小評価することがわかり、この原因はNRA1の雲量に問題があることがわかった。潜熱フラックスは、NRA1が38W/m2、NRA2が60W/m2と大きく過大評価していることがわかった。この大きな差をアルゴリズムによる効果と物理パラメータによる効果に分けて定量的に評価したところ、再解析データはアルゴリズムの違いの効果によって50W/m2過大評価することがわかり、再解析のアルゴリズムに大きな問題がある事がわかった。総熱フラックスは、常に再解析データが過大評価することがわかり、再解析データは、現実よりもはるかに海洋を冷やしていることがわかった。



学部生

2006年4月に駿河湾で発生した急潮
永井 美雪
急潮は、それに伴う強い流れによって定置網の流失や破損などの沿岸域の漁業に多大な被害を及ぼすだけではなく、水温急上昇も同時に起こるため沿岸域の海況や漁況に多大な影響を与える。しかし、一方では沿岸海域での海水交換を促すために環境保全に大きく貢献している。本研究では、2006年4月に駿河湾で発生した急潮について、同湾内で観測した水温・流速・潮位などのデータと、も